2016年12月29日木曜日

12月28日 蹴り納め 11名参加

伊予FC 12月28日 蹴り納め 11名参加

12月28日の参加者は11名でした。
高校生7名、大学生1名、シニア3名でした。
2チームに分かれアースフットボールを行ないました。

伊予FCは2016年を蹴り納めました。

この一年間、参加してくれた小・中・高校生、そして学生、社会人のみなさん、おつかれさまでした。伊予市および港南中学校の関係者のみなさん、お世話になりました。おかげさまで2016年の活動を無事に終えることができました。ありがとうございました。

2017年もよろしくお願いいたします。

2017年の伊予FCは1月4日(水)蹴り初めからスタートします。

伊予FC事務局

(900)


伊予市 サッカー 伊予FC

伊予市 サッカー 伊予FC

伊予市 サッカー 伊予FC



2016年12月22日木曜日

12月21日 8名参加

伊予FC 12月21日 8名参加

12月21日の参加者は8名でした。
高校生2名、青年団3名、シニア3名でした。
2チームに分かれアースフットボールを行ないました。

伊予FC事務局

(900)

伊予市 サッカー 伊予FC

伊予市 サッカー 伊予FC

伊予市 サッカー 伊予FC

 


2016年12月8日木曜日

12月7日 8名参加

伊予FC 12月7日 8名参加

12月7日の参加者は8名でした。
高校生1名、青年団4名、シニア3名でした。
2チームに分かれアースフットボールを行ないました。

伊予FC事務局

(900)
伊予市 サッカー 伊予FC

伊予市 サッカー 伊予FC

伊予市 サッカー 伊予FC

2016年12月4日日曜日

1年間で選手をどれくらい伸ばせるかどうか

1年間で選手をどれくらい伸ばせるかどうか

指導者が選手を預かってその選手をどれくらい伸ばすかどうかを考えると、チームや選手の目標、環境によって選手の伸び方が変わってくる
小学6年生が中学1年生や中学2年生に混ざってトレーニングすればその環境は、県大会のバスト8以上の環境になり、上の学年の選手とトレーニングをやるメリットがある。
下の学年とトレーニングをするメリットデメリットとしては、スキル面でのメリットはほとんどない。ただし、下の学年の面倒をみたり、スキルを具体的に教えることで、その選手の頭の中が整理される事がある。インサイドキックの蹴り方のポイントを具体的に5項目話せたり、守備の原則のポイントを話せたりすることで、右脳でぼんやり捉えている事も、口に出し話してみることで、よりそのスキルが身に着くようになる事がある。
同学年とトレーニングする事、上の学年とトレーニングする事、下の学年とトレーニングする事の具体的な意味を指導者が把握しながら、トレーニングを進めていく必要がある。
あるチームは積極的に上の学年と試合をし、あるチームはなんとなく下の学年と試合をしているチームが一年間経つと非常に大きな差がついてしまっている。


スタッフT

伊予市 サッカー 伊予FC

サッカー小僧復活プロジェクト


2016年12月1日木曜日

あるドイツの指導者の考え方

あるドイツの指導者の考え方

その資料を詳しく読んだことではなく、なるほどなと思った事ではあるが、サッカーの指導の基本的な考え方として、1対1を攻守ともに強化する事があげられる。
但しそのサッカー指導者の考え方として、守備の場合にボディーコンタクトをしない事でボールを奪うという方法にこだわってチームを作るという事であった。
なるほどという考え方である。だからと言ってコンタクトを完全に避けるということではないと考えられるが、いかにボールを奪うのかと考えると、

1、相手のパスミス トラップミス ドリブルミス
2、相手のパスの精度の低下
3、相手のパスを奪う方法を考えた時に守備の正しいポジショニングからのインターセプトだけではなく、相手が足元にボールを納めるまでに横切るボールを狙う方法
4、横切るボールを縦、斜め、横方向に横切るボールを奪う方法

という、ボールの奪い方を考えると、チームの中でも組織的にボールを奪う回数を増やしていけるという事と、そういうボールの奪い方をトレーニングの中ですることでチーム内の選手のパスの質が上がっていくということになる。

そう考えると、3対1や4対2でボールを回すアップのトレーニングの方法も、単にやっているだけでなく、試合の中でいかに生かすのかという考え方で取り組めば、サッカーの質が上がると考えられる。


スタッフTコラム




11月30日 9名参加 伊予FC

伊予FC 11月30日 9名参加

11月30日の参加者は9名でした。
高校生1名、青年団4名、シニア4名でした。
2チームに分かれアースフットボールを行ないました。

伊予FC事務局

(1400)

伊予市 サッカー 伊予FC

伊予市 サッカー 伊予FC

伊予市 サッカー 伊予FC

伊予市 サッカー 伊予FC

伊予市 サッカー 伊予FC