2016年11月29日火曜日

天皇杯4回戦 本田FC対FC東京

天皇杯4回戦 本田FC対FC東京

アマチュア最高峰のJFL1位チームの本田対J1チームの対決。FC東京はスタメンの選手ではなかったものの、全員プロのチームに対してJFL1位のチーム。6割以上は本田がボールを支配し、本田の選手は体格の大きい選手がいないもののGKからのボールのつなぎも状況に応じたファーストタッチを心がけ、丁寧にパスとドリブルの判断をしていく。ただし解説者がいっていいた事がズバリでバイタルに入ってから崩す事がなかなかできず、決定機の数を増やす事が出来ない。
丁寧にボールを回す事において、パスかドリブルかの選択で、ドリブルを入れることで、次のパスコースを増やす事が出来るという事と、角度を変えたドリブルをすることで、次のパスコースも、更に増やす事が出来るという考え方でサッカーをしている事が分かり、非常に面白かった。アタッキングゾーンで得点の形が作れる選手がいれば、この試合に勝てる事が出来たのではないかと、感じた。
日本人が出来るサッカーとしてはこのようなサッカーが出来るのではないかと感じることのできる試合であった。


スタッフT


2016年11月28日月曜日

日体大フィールズ横浜(2部)対AC長野パルセイロレディース(1部)

日体大フィールズ横浜(2部)対AC長野パルセイロレディース(1部)

11月5日に行われた皇后杯をテレビ観戦した。
試合の流れでは、長野がボールを支配し崩しにかかり、日体大が辛抱して守りショートカウンターで攻撃をするという試合展開であった。日体大はボールを奪ったら相手DF4人の裏を斜めのボールで裏を取るか、CBとサイドバックの間を狙うボールで攻撃としては単純な攻撃ではあった。
試合の結果は1点取った日体大がその直後から2点を奪われ長野が勝利した。
試合の中で、日体大のセンターバックの選手とGKの選手の良さが目立った。日体大のCBの選手はポジショニングがよく(失点の場面を除いて)また状況に応じた守備の対応ができ、慌てて飛び込んだり、つられてカバーリングに出るという事がなく、守備においての、ポジショニングが非常に良かった。
またGKの反応が素早く、ミドルレンジからのシュートに関しては、全て反応していた。 

スタッフT


2016年11月24日木曜日

11月23日 9名参加 伊予FC

伊予FC 11月23日 9名参加

11月23日の参加者は9名でした。
高校生1名、青年団4名、シニア4名でした。
2チームに分かれアースフットボールを行ないました。

伊予FC事務局

(1100)

伊予市 サッカー 伊予FC

伊予市 サッカー 伊予FC

伊予市 サッカー 伊予FC




2016年11月17日木曜日

11月16日 9名参加 伊予FC

伊予FC 11月16日 9名参加

11月9日の参加者は9名でした。
高校生2名、青年団4名、シニア3名でした。
2チームに分かれアースフットボールを行ないました。

伊予FC事務局

(1200)



2016年11月10日木曜日

11月9日 9名参加 伊予FC

伊予FC 11月9日 9名参加

11月9日の参加者は9名でした。
高校生1名、青年団4名、シニア4名でした。
2チームに分かれアースフットボールを行ないました。

伊予FC事務局

(1100)


伊予市 サッカー 伊予FC

伊予市 サッカー 伊予FC

伊予市 サッカー 伊予FC

2016年11月2日水曜日

11月1日 11名参加 伊予FC

伊予FC 11月1日 11名参加

11月1日の参加者は1名でした。
高校生1名、青年団6名、シニア4名でした。
2チームに分かれアースフットボールを行ないました。

次回からの伊予FCは水曜日開催になります。


伊予FC事務局


(1200)

伊予市 サッカー 伊予FC

伊予市 サッカー 伊予FC

伊予市 サッカー 伊予FC