2016年5月26日木曜日

表現する言語の多様さと文化の習熟度

表現する言語の多様さと文化の習熟度


古典で月の満ち欠けした様子を表現すると数多くの表現方法がある。

現在のサッカーの部分部分の状況を表現する日本語の数が少ないのではないかと、考えられる。

相手と向き合ってからの守備の状況では、縦を切るという表現方法を指導者が使った場合には、ボールを保持した相手選手の正面に位置取りをするということになるが、その縦を切るという動作の中にも、それからどのようにするのかという優先順位があり、その優先順位を考えながら状況に応じて相手のボールを奪う手段を取らないといけない。
そうすると、相手のボールを奪う方法の共通認識を持つ必要があり、その共通認識を持てる動きの方法の共有をする必要がある。

1、 チャンスがあればボールを奪う事
2、 ドリブルミス コントロールミスをする可能性がある事
3、 守備側が数的に有利な状況であれば、ファーストディフェンスはアタックする事
4、 縦を切りながら、横パスか後方にパスをするという選択肢を与え、時間を稼ぐ事
5、 縦のパスをさせない事を選択させながら、セカンドディフェンスはインターセプトを考える事と、そのポジション取りをするという事

攻撃の方法で、トップの選手がくさびを受ける場合にも、
1、 くさびを受ける事 相手を背負って
2、 くさびを受ける位置から横に移動する事(センターバックとサイドバックの位置に移動する)
3、 上記同様に移動するがボックスの中央に斜めに移動する事

上記のように守備の1から5が縦を切る選手の取るべき守備放のであり、1から3がくさびを受ける選手のとれるであろう動きになってくる.


共通認識を持てるそのような言葉が生まれることで、サッカー選手の試合の中で取るべき動きが明確になる事と、考えながらプレイのできる選手が増えてくるのではないかと考えられる。


伊予FCスタッフT

伊予市伊予郡 サッカー 伊予FC


2016年5月18日水曜日

5月17日 14名参加

5月17日の参加者は14名でした。
高校生2名、学生&青年団10名でした。
2チームに分かれてフットサルを行いました。
合間にソフトバレーボールも行いました。

伊予FC事務局

(1000)







2016年5月2日月曜日

保護者・指導者からみた選手の測り方 Staff T

保護者・指導者からみた選手の測り方


自分の子供がサッカーの上達をしているかどうかを見極める時に大切なことは、選手がどのような対戦相手と試合をしてどのようなスキルを発揮できているかどうかと、最も大切なことは、選手の状態がどのような状態かどうかである。

いいプレイをしている時は、その選手の本当の実力ではなく、その選手の将来の可能性であり、あまりよくないプレイをしている時が、選手の本来の実力である。

あまり良くないプレイをしている時といいプレイをしている時の波の曲線を上下で繰り返しながら、選手は上達していく。そうして右肩上がりのうねりながらの曲線を作ると、良くない時の位置も少しずつ向上していく。

いい時のプレイをその選手の上達した状態だと判断してしまうと、指導者は前回の試合のようにどうしてしないのかと選手に問いかけるようになってしまうが、それは選手の能力を見極めているとは言えず、選手もどうして前のようなプレイが出来ないのかと、心理的な悪循環に陥ってしまう。

親としても指導者としても自分の選手の上達度を見極めるには、いい時の状態はその選手の将来の可能性であり、あまりよくない状態でのプレイはその選手の本当の実力であるという視点でサッカー観戦すると、より選手はのびのびプレイするようになってくる。


伊予FCスタッフT



2016年5月1日日曜日

中学生時代の単純な攻撃 Staff T

中学生時代の単純な攻撃

中学生時代には小学生からサッカーをしている選手がほとんどいなく、中学生からサッカーを始める選手が8割ぐらいであった。

1年生の頃には殆どサッカーにはならず、2年生からなんとなくサッカーっぽくなってきた。その際の戦術が、スイーパーがカバーリングをし、ストッパーがマンツーマンから相手ボールをインターセプトし、奪ったボールは何となくつなぎながら、相手コートのコーナーフラッグにボールを蹴り、それをサイドハーフ(当時はウイング)が走って追いつきセンターリングを1トップの選手が決めるという形があった。

個人のスキルでは殆どの選手が他のチームよりは劣るが、チームとしては何となく勝てているような感じであった。

今考えると単純な戦術ではあったが、走り続けるトレーニングと激しいボールの奪い合いのトレーニングの為、ルースボールに対しての反応は、他のチームよりか素早く、そこからのキックアンドラッシュが定番であった。

考えてサッカーをするという事とはほど遠かったが、考えないでサッカーをする選手たちには、分かりやすい戦術で良かった。

今考えると中学生の時代から今の子供のようなユーチューブでサッカーの動画を見れればもっとボール扱いの出来る選手になれたと思うが、当時の単純な戦術は、単純そうに見えて、いかにボールを扱えない選手たちが勝つ事が出来るかという事を今考えると、実行しようとしていたのかもしれない。

そうすると考えながらサッカーができるチームの場合、考えながらサッカーをする事が出来にくいチームの場合、その中間のチームでは、戦い方が同じではおかしく、選手の状態によって求めるサッカーの質も内容も、深さも変わってくると思われる。


伊予FC スタッフT